適合率(precision, 精度)について

概要

適合率(precision, 精度)とは、システムが出した結果において、本当に正しかったものの割合。検索対象の文書群の中から、正しく検索された文書の割合を指す。正確性に関する指標。

結果が本当に正しかったかどうかは、あらかじめ人間がきちんとした正解のデータを作成して、それをもとに判断したりする。それはその都度適当に。

要するに、出て来た全ての結果の中に、どれだけ正解が含まれているかの割合

再現率(recall)とは、トレードオフの関係。

precision = tp/(tp+fp) により求められる。tp:true positive, fp:false positive(関連項目参照)

情報検索での具体例

光の速さを知りたいとします。

何らかの検索システムで「光の速さ」で検索した結果、100件の文書がヒットしたとする。

その100件のうち、「光の速さ」が正しく分かる文書を正解とし、正解は60件だったとする。

すると、この場合の適合率は 60/100 = 0.60 となる。

関連項目


キーワード一覧に戻る